sometimes i feel like

sometimes

旅などの記録

大地の芸術祭2018 ペリスコープ/ライトケーブ(中里地区)ワープクラウド(津南地区) その3

 その2はこちら

minimal1991.hatenadiary.com

 

今回の新作の目玉がマ・ヤンソン/MAD アーキテクツ「ペリスコープ/ライトケーブ」です。混雑しており、そこへ向かうのに渋滞がひどいとの情報もありました。今回の芸術祭後も残るそうなので、今回はやめようかな?とも思っていたのですが、予定より早く出発できたのもあり、行ってみることにしました。運よく渋滞に合わず、スムーズに駐車でき、本当にラッキーでした。(土曜日です)

清津峡はもともと観光地のようで、おみやげ屋さんもありました。清津峡渓谷トンネルの中を750m程歩きます。探検みたいで楽しいですね。なんだかホラー映画のように撮れてしまいましたが、トンネル内のライトもいろんな色があり、ピンクやグリーンのところもありました。

f:id:minimal1991:20180825233720j:plain

途中のビューポイントです。自然の崖もすごかった。

f:id:minimal1991:20180825233730j:plain

こちらが終点です。手前の水盤に景色が映り込み美しいです。柵はアクリルで透明になっています。残念なことにこの日は曇りで、晴れていれば壁にも景色が反射してきれいに見えるようです。

f:id:minimal1991:20180825233710j:plain

芸術祭以外のお客さんもたくさん来られていました。

 

次はダミアン・オルテガ「ワープクラウド」へ。こちらはもともと繊維工場だったそうです。以前の芸術祭ではTシャツがランプになっているような展示があったと思います。

f:id:minimal1991:20180825233701j:plain

今回は糸につるされた大量の玉が並んでいる展示でした。富山県美術館のエマニュエル・ムホー『COLOR OF TIME』を思い出しました。

minimal1991.hatenadiary.com

大量のものが規則正しくつるされているのってなんだか壮観で、とても映えますね。みなさんポーズをとって写真を撮っていました。インスタにあげるんでしょうね。

 

この日はそこまで暑くありませんでしたが、蒸していたので疲れました。この後は宿泊先の松之山温泉へ。

大地の芸術祭 その4はこちら 

minimal1991.hatenadiary.com

 

松之山温泉のひなの宿ちとせの記事はこちら

minimal1991.hatenadiary.com