sometimes i feel like

sometimes

旅などの記録

2017年4月 三水館 その2 夕食

その1はこちら 

minimal1991.hatenadiary.com

 夕食は個室に通して頂けました。

(少し時間が経って細かい素材名など失念しております。ご了承ください)

f:id:minimal1991:20170926125050j:plain

 まずは前菜。山菜の天ぷらは熱くはありませんがさくさく!おひたしは濃くはありませんがしっかりと味がしみています。見た目は地味で野菜ばかりですがこの時点で「ただものじゃない!!」と思いました。そして箸置きは自然の小枝です。素敵です。

f:id:minimal1991:20170926125350j:plain

次が名物の草鍋。韮、浅葱、クレソンなどたくさん種類があります。かなりの量のお野菜なのですが、鍋にするとすいすい食べられます。このお出汁もすごく美味しかったです。

f:id:minimal1991:20170926125340j:plain
f:id:minimal1991:20170926125331j:plain

お鍋のあとにもどんどんでてきます。川魚(だったかな?)のお刺身とフキの信太煮などの炊き合わせです。

f:id:minimal1991:20170926125321j:plain
f:id:minimal1991:20170926125312j:plain

桜餅風のもち米の蒸し物、川魚をまるまるから揚げにしたもの。頭からいけました。

f:id:minimal1991:20170926125619j:plain
f:id:minimal1991:20170926125608j:plain

おひたしと最後のお食事。混ぜご飯でした。写真はありませんがサラダもありました。見た目は普通の生野菜のサラダなのですが、ものすごくおいしい!野菜がシャキシャキしていてドレッシングもしっかりなじんでいる。こんなサラダはなかなか食べたことがありません。

 

全体的にまったくしつこくはないですが、きっちり味がしみていて、食感もよく、すごく美味しかったです。相当レベルが高いです。量も品数も多く、野菜中心だから満たされないということは全くありませんでした。一見「薄味」「オーガニック」「野趣あふれる」「素朴」な食事のようですが、食べてみるといい意味で全然違います。

これ以降、ついついこちらのお食事といろいろ比べてしまって、他のところではがっかりしてしまうことがあります。季節によってお料理が変わるようなので、ぜひ再訪したいです。

 ロビーに移ってデザートを頂きます。皆さんの宿ブログでも見ていた猫ちゃんが登場!ものすごく人間に慣れており、余裕で触らせてくれます。ものすごく接客の上手な猫ちゃんでした。

f:id:minimal1991:20170926125557j:plain
f:id:minimal1991:20170926125548j:plain

その3はこちら

minimal1991.hatenadiary.com

 

 

広告を非表示にする