sometimes i feel like

sometimes

旅などの記録

縄文温泉の宿 真脇ポーレポーレ 2017年9月

能登国際芸術祭の前乗りに利用した宿です。

縄文温泉の宿 真脇ポーレポーレ[公式]|能登のパワースポット|能登の里山里海

宿名:縄文温泉の宿 真脇ポーレポーレ
住所:石川県鳳珠郡能登町字真脇19-110
プラン:1泊2食付き♪特別割引プラン☆
部屋:標準和室
チェックイン/チェックアウト 15:00/10:00
大浴場(温泉)あり
冷蔵庫あり、冷水ポットなし
部屋内Wi-Fiあるがつながりにくい
鍵は一つ

 

前日に突然予約しました。芸術祭のある珠洲市の手前の能登町にあります。決めては場所と値段の安さ、口コミがそこそこよかったことです。一泊二食付きで一人10,900円でした。

 ロビーは公共施設っぽい感じです。部屋は和室で清潔感あり。温泉の大浴場にも近いです。広くはないですが、露天風呂もあります。

 

夕食は一番安いプランですが、品数も内容も充実。

f:id:minimal1991:20170921140552j:plain

 前菜3種と冷やし茶わん蒸し、食前酒、お刺身、能登の魚醤いしるを使った魚介類のお鍋、いかやホタテがたっぷりはいっていました。

f:id:minimal1991:20170921144933j:plain
f:id:minimal1991:20170921140355j:plain

 魚の煮つけといかのくちばしの天ぷら。ちゃんと温かかったです。

お食事のごはんにはこちらで育てている古代米がはいっていました。

 

なんと朝食にまでいかのお刺身が!

f:id:minimal1991:20170921140344j:plain

とにかくコスパがいいです。これから芸術祭に行かれる方にもおすすめします。

 

能登国際芸術祭についてはこちら
minimal1991.hatenadiary.com