sometimes i feel like

sometimes

旅などの記録

富山県美術館「素材と対話するアートとデザイン」

富山県美術館(公式HP)

住所:富山県富山市木場町3-20
主要ジャンル:国内外の近代美術
設計:内藤廣

昨年オープンしたばかりの富山県美術館に行ってきました。こちらは富山県立近代美術館の移転建て替えした美術館です。

f:id:minimal1991:20180108143014j:plain

オープンしてすぐに行きましたので、今回が2回目です。

f:id:minimal1991:20180108143008j:plain

2回目の企画展「素材と対話するアートとデザイン」を見に行ってきました。(この企画展は1/8で終了しました)

f:id:minimal1991:20180108142956j:plain

冬の北陸らしい天気で立山はきれいに見えません。天気がよければ富岩運河還水公園と立山がきれいに見えます。

こちらが今回の企画展の目玉である、エマニュエル・ムホー『COLOR OF TIME』です。朝イチに行ったのですが、お客さんが多く、正面からの写真はいい感じには撮れませんでした。たくさんの数字がきれいな色のグラデーションで吊り下げられているのですが、これは日の出から日の入りの時刻を並べているそうです。まさにインスタ映えな作品なので、たくさんの方が写真を撮っていました。

f:id:minimal1991:20180108143319j:plain
f:id:minimal1991:20180108143150j:plain
f:id:minimal1991:20180108143141j:plain
f:id:minimal1991:20180108143122j:plain

企画展の前半とコレクション展は撮影OKなのですが、SNSに載せていいものは限られています。3~4作品ぐらいだったかな?

素材をテーマとした企画展とのことで、美術作品というよりはプロダクトデザイン的なものが多かったです。実際に企業の製品だったりもするので、もうちょっと実際に触れるものもあってもよかったかなと思います。一部の商品は実際にミュージアムショップに売っていました。

企画展の後半は世界の工芸品だったのですが、きれいでうっとりするものから、ちょっと気持ち悪いものまでいろいろあり楽しめました。

 

常設展では富山県立近代美術館時代からの作品があります。ピカソロートレック、ルオー、シャガール等の作品以外にもモダンアートやシュールレアリスムの作品があったり、私は結構好きな分野です。HPに作品リストが載っています。時期によって内容は変わるようです。

コレクション展 | 富山県美術館

なぜこのようなちょっと癖のある常設展なのかというと、 富山出身の瀧口修造が近代美術館設立にも関わっていたとのことです。真面目で地味な印象の富山ですが、瀧口修造のようないい意味で変態な人がいてくれたおかげで、救われる気持ちがしますね。現在の富山県美術館にも瀧口修造コーナーがあり、所蔵品などが展示されています。いい意味でのガラクタたちが宝石のように飾られており、面白いです。

 

美術、建築、デザイン関係の本や雑誌があるコーナーのソファーはたぶんイサムノグチのものだと思うんですが、かわいいですね。有機的なラインは河原の石をモチーフにしたそうです。以前自宅に欲しかったんですが、一般家庭には大きすぎるし、高額なので夢のままです。現在は安かったり、サイズの小さいリプロダクト品が売っているようですが、美術館のものは正規品でしょうね。

f:id:minimal1991:20180108143001j:plain

 その他に世界の名作椅子コレクションがあり、広い部屋に3段に並べられており、椅子好きとしては壮観です。写真は撮っていいのですが、多分載せるのはまずいのでやめておきます。一部の椅子には実際に座ることができます。

 

3月からの企画展で「デザインあ展」をやるので楽しみですね。以前の東京での展覧会は行列で諦めた思い出があります・・・

大将軍 大泉店@富山県富山市

遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。拙いブログではございますが、本年もよろしくお願い致します。

冬の間はなかなか遠出できないので、しばらくは近県の外食メモになると思います。

富山で焼肉を食べるなら、富山県No.1の焼肉屋「大将軍」へ|黒毛和牛・炭火焼肉

住所:富山県富山市大泉東町1-4-7
TEL:076-491-5677
営業時間:17:00〜22:30
定休日:月曜日

大将軍さんは歴史あるお店だと思うのですが、初めて行きました。最近お気に入りの焼き肉屋さんが肉やサービスの質が落ちてがっかりすることが多く、私にとっては新規開拓です。

f:id:minimal1991:20180104214805j:plain

熱々の炭を持ってきて頂けます。これは初めてかも。お肉に割とすぐ火が通ります。

f:id:minimal1991:20180104214816j:plain
f:id:minimal1991:20180104214744j:plain

ナムル盛り合わせ。美味しいけどちょっと少ないかな。一人分ですね。和牛握りも頂きました。

f:id:minimal1991:20180104214754j:plain

特選盛り合わせ2人前。特選ロース、上ハラミ、希少部位のフカヒレです。フカヒレとはリブロースのまわりにある大トロ的な部分だそう。確かにすごく柔らかく霜降りはすごいですが、しつこくなく美味しかったです。

f:id:minimal1991:20180104214733j:plain

左が赤身ロースと右が上カルビです。赤身ロースはさっぱりと美味しかったです。上カルビは霜降り脂多めなので、サンチュに巻いて頂きました。

早い時間でしたので、予約なしで入れましたが、ご家族連れやグループで賑わっていました。今回は軽い食事で済ませましたが、次回はご飯ものやスープも頼んでみたいです。

店内は歴史を感じさせるところもありますが、スタッフさんは若い方が多くフレンドリーな印象でした。

お肉も美味しかったし、コスパも妥当なところだと思いますので、これからの数少ない焼肉ローテーションのお店に加えたいと思います。

ナチュラルカフェ by 広貫堂@富山県富山市

ナチュラルカフェby広貫堂(食べログ)

住所:富山市総曲輪4-4-3 GUNZEレガートスクエア 1F
TEL:076-461-3215
営業時間:10:00~19:00(L.O.18:00)

『総曲輪レガートスクエア』という施設にオープンした新しいカフェです。製薬会社の広貫堂がプロデュースしているとのことです。窓が多く明るい店内です。

f:id:minimal1991:20171222120744j:plain

f:id:minimal1991:20171218192629j:plain

チョップドサラダという具材が細かく切られていて、スプーンで食べられるサラダがメインです。私はチキンのサラダにドレッシングはバジルとチーズのものを選びました。さらにトルティーヤ1枚+スープのセットもお願いしました。

f:id:minimal1991:20171218192603j:plain

ものすごい量のサラダです。葉野菜がぎっしり山盛りです。ロメインレタス、ほうれん草、小松菜、サニーレタス、水菜、グリーンリーフが混ざっているそうです。他の具材はチキン、チーズ、にんじん、パプリカ、トマト、クルトンです。サラダのみでお腹がいっぱいになりそうです。トマト以外の具材はかなり細かく刻まれており、スプーンで食べることができます。ドレッシングもよく絡んでおり美味しかったです。トルティーヤに巻いて食べても美味しかったです。

夫が頼んだのは野菜ハムチーズのサンドイッチです。野菜たっぷりのインスタ映えするサンドイッチですね。

f:id:minimal1991:20171218192609j:plain

サラダとスープセットだと結構なお値段(1,280円)になってしまいますが、かなり量が多いのでシェアしてもいいし、コスパはそんなに悪くないかなと思います。レタス高いですしね。
軽めのランチを頂こうと思って入ったお店でしたが、サラダで満腹になりました。ごちそうさまでした。

 

青森旅行の帰り 2017年4月 その6 根津美術館(東京)

その5はこちら 

minimal1991.hatenadiary.com

4日目

朝食はホテルで頂きました。バイキングです。ワッフルやパンケーキ、フレンチトーストはオーダー制です。フレッシュフルーツのスムージーが美味しかったな。パンの種類も多く、全体的に華やかで美味しかったです。

f:id:minimal1991:20171210222444j:plain

山手線と銀座線を乗り継いで根津美術館へ。4月にもかかわらずすごく暑い日で大変でした。

根津美術館(公式HP)

住所:東京都港区南青山6丁目5−1
主要ジャンル:日本・東洋の古美術品
設計:隈研吾

f:id:minimal1991:20171210222424j:plain

エントランスまでのアプローチが印象的です。

さすが都内なのでたくさんのお客さんが来ておられ、海外の方もたくさんいらっしゃいました。根津美術館は建築に興味があったのはもちろん、有名な尾形光琳の国宝「燕子花図屏風」と、鈴木其一の「夏秋渓流図屏風」の展示があり、行ってみたいと思っていました。個人的には「夏秋渓流図屏風」のほうが華やかで好きかなと思います。他にもたくさんの日本画や仏像、陶磁器などがありました。

鈴木其一「夏秋渓流図屏風」(写真は公式HPより)

f:id:minimal1991:20171212230304j:plain

尾形光琳「燕子花図屏風」(写真は公式HPより)

f:id:minimal1991:20171212230309j:plain

美術館の庭園にはちょうどカキツバタが咲いており、「燕子花図屏風」とのコラボのようになっていました。

f:id:minimal1991:20171210222841j:plain

f:id:minimal1991:20171210222848j:plain

f:id:minimal1991:20171210222829j:plain

f:id:minimal1991:20171210222835j:plain

f:id:minimal1991:20171210222857j:plain

 すごく素敵なお庭だったので、他の季節にも訪れてみたいです。

ランチは近くの青山のフレンチ、ラスさんに行きました。ランチもディナーも5,000円の1コースのお店です。この立地だとリーズナブルなんでしょうね。お席が残念ながらワインバー部分のカウンター席に通されてしまい、ちょっと落ち着かなかったです。9割ぐらい女性客で店内はびっくりするほどうるさかったです。とはいえ華やかな女性客ばかりで、都会のど真ん中の雰囲気を味わえて楽しかったです。お料理の内容も美味しかったし、見た目の美しさや演出も凝っていました。ボリュームもありましたね。結構時間がかかり、新幹線の時間があるので早められますか?とお店の方にお願いしたら、すみやかに最後のお肉料理とデザートをだしてくださり、余裕をもって間に合いました。店員さんは丁寧に接客してくださいました。

 

ランチのあと、15時半ぐらいに東京発の新幹線で帰りました。今回は念願の十和田市現代美術館青森県立美術館に行けて本当に良かったです。弘前公園の桜も想像した以上に素晴らしく驚きました。あまり東北に行く機会はないのですが、また訪れてみたいと思います。

青森旅行の帰り 2017年4月 その5 東京マリオットホテル

その4はこちら

minimal1991.hatenadiary.com

 

レンタカーで七戸十和田駅に戻り、駅前のカフェでランチを頂きました。

カフェ グリーンブリーズのホームページへようこそ

地元のお野菜で色とりどりのカレーです。

f:id:minimal1991:20171210221256j:plain
地元のお母さんがやっておられるような家庭的なお店でした。駅前にあるので新幹線の時間ぎりぎりまでゆっくりできます。

七戸十和田駅から東京へ新幹線で戻ります。この日に北陸まで帰ってもいいのですが、せっかく休日の土曜日だったので東京で一泊していくことにしました。

 

品川駅からタクシーで東京マリオットホテルへ。品川駅から歩くにはちょっと遠いです。

宿名:東京マリオットホテル(公式HP)
住所:東京都品川区北品川4丁目7−36
プラン:一休【10日間タイムセール】朝食付 Tokyo Marriott Stay
部屋:デラックスツイン 
チェックイン/チェックアウト 15:00/12:00

都内にしては広々としたお部屋で快適でした。ツインで一番下のグレードですが、38㎡です。

f:id:minimal1991:20171210222124j:plain

f:id:minimal1991:20171210222115j:plain

f:id:minimal1991:20171210222458j:plain
f:id:minimal1991:20171210222451j:plain

カプセルのコーヒーマシンがあり、コーヒーをいれて寛げました。Bluetooth対応のスピーカーもあります。

f:id:minimal1991:20171210222433j:plain
f:id:minimal1991:20171210222106j:plain

f:id:minimal1991:20171210222059j:plain
バスルームも洗い場はありませんが広く、バスソルトなどアメニティも充実していました。

一休のタイムセールでかなりお安く泊まることができました。二人一部屋ツイン、土曜日朝食付きで二人で31,000円です。


夕食は日本料理 和郷Wakyoへ。都内で1万以下の和食となるとかなり限られるようで、こちらに決めました。大田区西糀谷のお店でわざわざ電車を乗り継いで行きました。きれいなカウンター席で和食のコース料理を頂きました。

 その6はこちら

minimal1991.hatenadiary.com

 

 

青森旅行 2017年4月 その4 十和田市現代美術館

その3はこちら

minimal1991.hatenadiary.com

 

3日目

ホテルにて朝食を頂き、青森駅まで5分程歩きます。青森駅から奥羽本線新青森駅へ、新幹線に乗り換えて七戸十和田駅で降ります。こちらで降りた目的は十和田市現代美術館です。

駅前でレンタカーを借ります。運転に自信はないのですが、公共交通機関がないこと(あってもきっとすごく少ない)、タクシーよりレンタカーを借りたほうが安いこと、ストリートヴューなどで確認しても簡単そうな道だったのでレンタカーを借りることにしました。タイムズカーレンタル七戸十和田駅前店を利用しました。半日なので割引などあわせて3,000円台でタクシーの半分以下ですみました。道はほぼまっすぐ、交通量も多くなくスムーズに着きました。

f:id:minimal1991:20171210222130j:plain

towadaartcenter.com

住所:青森県十和田市西二番町10-9
主要ジャンル:現代美術
設計:西沢立衛

長年行きたいと思っていましたが、遠いのでなかなか行けることはないだろうと思っていた十和田市現代美術館です!夢が叶いました!!

 SANAAで有名な西沢さんの設計です。真っ白の四角いガルバリウム鋼板の箱が組み合わさっているような建物です。郊外ではなく町の中のようなところにあります。屋外にもたくさん作品がありますが、まずは中の展示を見て回ります。

 

有名なロン・ミュエク「スタンディングウーマン」(写真は公式HPより)

f:id:minimal1991:20171212224845j:plain

ロン・ミュエクの作品は初めて見たので、うれしかったです。肌の色やしわなど超リアルでした。きっと背の低いはずの老女が大きいのも面白いですし、アートにされがちな美しい少女やたくましい若者ではなく、老女というのがリアルでいいですね。

栗林隆「ザンプランド」(写真は公式HPより)

f:id:minimal1991:20171212224835j:plain

実際は机の上に椅子があり、その上に登り穴から顔をだして、地下から地上にでる動物のような気分が味わえる作品です。

印象に残ったのがハンス・オプ・デ・ビーク 「ロケーション(5)」(写真は公式HPより)

f:id:minimal1991:20171212224853j:plain

真っ暗な部屋の中に入ります。しばらくたって目が慣れてくると郊外のドライブインのレストランのようなところの中にいることに気が付きます。異世界や海外の古い映画の中にはいったような不思議な気分になれます。予習しておらず、最初は何だかさっぱり分からなかったので、どんどん見えてくる感じが楽しめました。

こちらには屋外作品もあり、自由に見ることができます。雨がやんでなんとか見ることができました。

f:id:minimal1991:20171210221733j:plain
f:id:minimal1991:20171210221723j:plain

チェ・ジョンファ「フラワーホース」  インゲス・イデー「ゴースト」

f:id:minimal1991:20171210221755j:plain
f:id:minimal1991:20171210221717j:plain

奈良美智夜露死苦ガール2012」    草間彌生「愛はとこしえ十和田でうたう」

f:id:minimal1991:20171210223256j:plain
f:id:minimal1991:20171210223307j:plain

建物の中にあるのがアナ・ラウラ・アラエズ「光の橋」

赤いアリが椿昇「アッタ」

 

カフェの床はマイケル・リンの作品です。金沢21世紀美術館の壁の絵と同じアーティストですね。こちらの家具もかわいいです。オリジナルかな??

f:id:minimal1991:20171210221744j:plain


現代美術というととっつきにくい印象がある方もいるかもしれませんが、こちらの作品は自分が体験するような感覚のものが多く、難しく考えずに楽しめる作品ばかりです。大人はもちろんお子さんも楽しめると思います。

青森県はなかなか行けないと思っていましたが、本当に来れて良かったです!!

その5はこちら

minimal1991.hatenadiary.com

 

青森旅行 2017年4月 その3 青森県立美術館

その2はこちら

minimal1991.hatenadiary.com

 弘前公園からシャトルバスに乗って弘前駅に戻り、新青森駅まで移動します。新青森駅からタクシーで青森県立美術館に行きました。

f:id:minimal1991:20171110103016j:plain

青森県立美術館(公式HP)

住所:青森市安田字近野185
主要ジャンル:日本画、洋画、工芸
設計:青木淳

 すごく広大な土地に真っ白な建物です。今回は常設展のみ見てまわりました。奈良美智の巨大なあおもり犬も見られました。

f:id:minimal1991:20171110115803j:plain
(写真は公式HPより)
モダンな建物ですが、現代作家だけでなく棟方志功の作品も多数ありました。奈良美智棟方志功青森県出身なんですね。青森県立美術館は時間があれば見に行こうと思っていたのですが、見に行けて良かったです。

 今度はタクシーで青森駅まで行き、近くのお土産屋さんに行きました。青森港のすぐ近くにあるAファクトリーというお店です。

f:id:minimal1991:20171128140235j:plain

おしゃれな建物におしゃれなお土産がたくさんありました。シードルに力を入れているようで、味もスタンダード、ドライ、スイート、ノンアルコールと4種類あり、スタンダードとドライを買って帰りました。

f:id:minimal1991:20171128141107j:plain
(写真は公式HPより)

一度ホテルへ行き荷物を置きます。泊まったホテルはアパホテル青森駅東です。弘前市ではホテルは取れなかったので、青森駅の近くということでこちらにしました。

f:id:minimal1991:20171110103008j:plain

f:id:minimal1991:20171110115834j:plain

山菜のフリットなどの前菜、カツオのスモーク(だったかな??)、生ハムとアスパラ、からすみとキャベツのスパゲッティ、牛タリアータ、デザート、お飲み物。一人5,800円のコースをお願いし、ワインとドリンク計3杯程度で二人で15,000円でした。 

東北の食材を使ったイタリアンは盛り付けも味もよく、お店も素敵な雰囲気でした。ワインも頂き、ホテルまで10分ちょっと歩いて帰りました。

その4はこちら

minimal1991.hatenadiary.com