sometimes i feel like

sometimes

旅などの記録

東京一人旅 その1 東京オペラシティ アートギャラリー

どうしても見たい舞台があり、東京へ一泊で出かけてきました。

高速バスと悩みましたが、冬で雪が心配なこともあり、新幹線にしました。少しでも安く買いたいということで、えきねっとで予約、購入しました。時期によって違うようですが、10%程度安く買えました。

まずは東京駅で荷物を預けます。今はネット上でコインロッカーの場所と空き状況が分かるのですね、初めて知りました。

www.coinlocker-navi.com

私がチェックした時間は1階はだいたいいっぱいなので、最初から地下へ。新幹線から降りる直前にチェックしておけば、スムーズに荷物を預けられます。コインロッカーの空きを探してうろうろすることがなく、便利ですね。交通系ICカードが鍵になるので開けるときも楽です。

東京駅から中央線で新宿へ、京王新線に乗り換えて初台へ。東京オペラシティ アートギャラリーに来ました。東京オペラシティの中にある美術館です。

f:id:minimal1991:20180218085551j:plain

www.operacity.jp

主に近代美術や現代美術を中心とした美術館のようです。今回は谷川俊太郎展を見に来ました。谷川俊太郎のファンというわけではないのですが、小山田圭吾とデザイナー中村勇吾とのコラボがあるとのことで、そちら目当てで来ました。

展示室にモニターがたくさんあり、そこに音楽と同期して詞が映し出されます。詞の読み上げはパーツ化され音楽や映像、照明と同期しています。谷川俊太郎の詞が韻を踏んでいるので完全にラップだなと思いました。美術館ですが、なかなかの音量と低音が響き迫力があって、いいインスタレーションでした。

こちらの記事に展覧会の様子が載っています。

www.cinra.net

その他、谷川俊太郎の詞をいろいろな形で展示してあったり、ゆかりの品や、三島由紀夫ら錚々たる著名人とのはがきなども展示してあります。音楽家武満徹とも交流があったのですね。昭和の雑貨を見て懐かしくうれしそうなおばあちゃんがいて、こちらもほっこりしました。客層は若い方から年配の方まで幅広かったです。

創作料理 門(和食)@富山県高岡市

創作料理 門(富山県高岡市)(公式HP)

住所:富山県高岡市戸出町2丁目4-14 TMTビル1F
TEL:0766-63-2450
営業時間:11:30~14:00/17:30~23:00
定休日:水曜日

雑誌に載っているのを見てから、ずっと気になっていたお店です。完全予約制で直前だと予約がとれなかったこともあり、今回は1週間以上前に予約しました。しかし、雪が心配で行けるかな?と思っていましたが、当日はなんとかそこまで雪がひどくなく、無事に行けました。

 まだオープンして数年のようで、とてもきれいな店内でした。カウンター席もありましたが、個室に通されました。他のお客さんも皆さん個室に通されているようでした。

夜のコースは5,500円から12,000円まであるようで、今回は初めてなので5,500円のコースをお願いしています。ランチは2,800円からのようです。

f:id:minimal1991:20180212132722j:plain
f:id:minimal1991:20180212132712j:plain

イワシ、菜の花、椎茸の揚げびたし/カワハギのお寿司、肝醤油のせ

イワシは浸けてあるような感じでなく、揚げたてに出汁をかけたような感じです。柚子とお出汁が美味しいです。カワハギも新鮮でコリコリで、肝醤油もまったく生臭みがなく美味しいです。

f:id:minimal1991:20180212132705j:plain
f:id:minimal1991:20180212132659j:plain

エビ・新たまねぎの真薯/氷見産平目、メジマグロのお造り

お椀のお出汁が美味しい~!!結構しっかりとしたお味でしたが、薄味より私は好みです。真薯もふわふわ。お造りも新鮮で分厚く3切れずつあり食べ応えがありました。

f:id:minimal1991:20180212132653j:plain
f:id:minimal1991:20180212132908j:plain

広島産カキフライ/白子、新たまねぎ、長ネギのお鍋

カキフライには能登の塩とあさつき入りレモンソースが添えられています。タラの芽やこごみ、行者ニンニクなどの天ぷらも美味しかったです。

熱々の白子のお鍋は、あおさがはいっていて結構塩味が効いていましたが、美味しかったです。

f:id:minimal1991:20180212132857j:plain
f:id:minimal1991:20180212132851j:plain

サーモンのホイル包み焼/漬け鯛茶漬け

もう終わりかなと思っていたら、サーモンのホイル包み焼がでてきました。お腹がいっぱいだったのですが、たけのこや新じゃがなどお野菜多めで、サーモンもちょうどよい大きさだったので、完食できました。

お食事は鯛茶漬け。お腹いっぱいだったのですが、するっとはいりました(笑)

f:id:minimal1991:20180212132843j:plain
f:id:minimal1991:20180212132835j:plain

食後にはちみつとゆずのアイス、あまおうのせとコーヒーを頂きました。アイスも自家製かな?濃厚で美味しかったです。コーヒーは苦手な方は他のものにしてくれるようです。

初めてのお店でまだ口コミも少なくちょっと心配だったのですが、かなり美味しく手が込んでいてすごくセンスのいいお料理だなと思いました。器やお店の雰囲気も素敵でした。お昼も行ってみたいし、再訪したいお店です。

富包(フーパオ)@富山県高岡市

富包(食べログ)

住所:富山県高岡市京田121 向京ビル 1F
TEL:0766-73-2949
営業時間:11:30~15:00(LO14:00)
     17:30~22:00(最終入店21:00,LO21:30)

以前から気になっていた高岡市の中華屋さんに行きました。日曜日のお昼で満席でしたが、数分で席に案内して頂けました。お昼でも予約できるようです。

ランチは一品料理(この日はエビチリ)や麺料理、ご飯料理、点心などから選び、前菜、小籠包3個、中国茶、デザートなどが付きます。

私は選べる点心セットを注文しました。

まず席に中国茶がきます。お湯のポットも持ってきてくれるので、何回もおかわりできて便利です。飲みやすいお味でした。

次に前菜がきました。

f:id:minimal1991:20180205123938j:plain


さつまいも、ピータン豆腐、糸ウリとチャーシューの和え物?です。どれも中華っぽいスパイスが効いてましたが、食べやすく美味しかったです。

次に小籠包がきました。

f:id:minimal1991:20180205123927j:plain


熱々を覚悟していましたが、そうでもなかったです。ショウガの細切り、黒酢、醤油で頂きます。

次にむらさきいものスープとお粥、香の物がきました。

f:id:minimal1991:20180205123915j:plain


お粥はすごくとろっとして、あっさり味です。多分貝柱をほぐしたようなものがはいっていました。

メインの点心です。

f:id:minimal1991:20180205123906j:plain
f:id:minimal1991:20180205123844j:plain


黄にらとエビの春巻き(2個)エビと豚肉の蒸し餃子・野菜と豚肉の蒸し餃子・トビコと健康鶏の焼売(各1個ずつ)です。6種類のうち好きな4種類を選びました。餃子や焼売は具がぷりぷりして美味しかったです。正直お店で推していると思われる小籠包より美味しかったな。春巻きもサクサクで美味しかったです。

連れはエビチリや担々麺を食べていましたが、どちらも結構辛いものでした。山椒も結構効いています。私は少しもらって美味しかったですが、辛いものが苦手な方は要注意です。

デザートの杏仁豆腐(フルーツ入り)です。

f:id:minimal1991:20180205124031j:plain


正直杏仁豆腐は苦手なのですが、これは食べやすいお味でした。パンナコッタのようなお味。

1,580円とランチにしては安くはないですが、前菜からデザートまでありちょっとしたコースのようでしたので、とても満足しました。前菜や小籠包が付くので、メインを麺やご飯にするとかなりのボリュームになるのではないかと思います。インテリアや食器にも気を使っているし、女性に受けそうな中華屋さんでした。

信州大町温泉郷 緑翠亭景水 2017年2月

f:id:minimal1991:20180129153007j:plain


(ブログを始める前に行ったお宿です。公開時と時期がずれていること、写真が少ないことなどをご了承ください)

急に温泉に行けることになり、前日ぐらいから宿を検討し始めて、当日のお昼をすぎてついにネット予約できなくなり、電話で予約して行ったお宿です。

電話での予約なので特に部屋の指定もせず、聞かれもしませんでした。お料理のプランなども聞かれなかったので、普通のプランでということで確認しました。

どうしてこちらのお宿にしたかというと、自宅から3時間以下で行けるところにあり、まだ空室があるなかで口コミが結構いいところだったからです。他にも松本市内の温泉宿あたりも候補にあげましたが、3時間以上かかってしまうのでやめました。

通されたお部屋は12帖の広くてきれいなお部屋でした。夜はこの窓から花火も見えました。(ちょっと見にくい角度でしたが)

f:id:minimal1991:20180129152736j:plain

大浴場はさすが大型旅館という感じの広々としたお風呂でした。露天風呂もありました。特に癖のないお湯でしたが、気持ちよかったです。

f:id:minimal1991:20180131152335j:plain

(写真は公式HPより)

他にはくつろぎ処の隣で卓球で遊びました。(有料)玄関の近くだったので、到着されるお客さんが見えましたが、冬だったのでスキー、スノボのお客さんもたくさんいましたね。

f:id:minimal1991:20180129152714j:plain

夕食はダイニングですが、個室になっておりゆっくりできます。

f:id:minimal1991:20180129152730j:plain

普段、ほとんど泊らない大型旅館ということで夕食にも期待していませんでしたが、とても美味しかったです。配膳もいいペースで持ってきて頂け、熱いものは熱いうちに頂けました。

f:id:minimal1991:20180129152722j:plain
f:id:minimal1991:20180129152708j:plain
f:id:minimal1991:20180129153024j:plain
f:id:minimal1991:20180129153019j:plain

f:id:minimal1991:20180129153013j:plain

写真がありませんが、他にお刺身やデザートもあったと思います。手の込んだ手作りのものや、ちょっと洋風の味付けのものがあったりと、よく工夫されているなあと思いました。大型旅館の中では一番美味しかったと思います。

料金はあまり覚えていないのですが、リーズナブルなお値段だったと思います。現在の同じお部屋で通常プランで土曜日だと一人17,000円(一泊二食二人一部屋)のようです。お部屋もきれいでこんなに広くて、料理も美味しかったし、満足した滞在でした。


 

 

麓庵 民宿たきざわ 2016年11月

宿名:麓庵 民宿たきざわ
住所: 岐阜県高山市奥飛騨温泉郷新穂高温泉中尾261
プラン:じゃらん
部屋:洗面トイレなし床暖房ぽかぽか客室 
チェックイン/チェックアウト 15:00/10:00


(ブログを始める前に行ったお宿です。公開時と時期がずれていること、写真が少ないことなどをご了承ください)

過去に訪れた奥飛騨温泉郷新穂高温泉のたきざわさんです。

離れに泊まってみたかったのですが、行こうと思ったときには空いておらず、一般の部屋になりました。

f:id:minimal1991:20180126160211j:plain

(写真は公式HPより)

床暖房がついており、寒い時期なのでありがたいのですが、暑いぐらいでした。お部屋はきれいでかわいらしく民宿というより旅館といった感じです。トイレと洗面は共同なのですが、部屋に近く他のお客さんと顔を合わせることはほとんどなく、不便は感じませんでした。その分休前日で一泊二食付14,000円(二人一部屋一人分)とリーズナブルな価格で泊まれました。

お風呂は貸切風呂(内湯2露天2)が4か所あり、どこかはいつも空いているので、ストレスなく入れました。

f:id:minimal1991:20180126155843j:plain

夕食は食堂で頂きます。

f:id:minimal1991:20180126155822j:plain
f:id:minimal1991:20180126160230j:plain

前菜盛り合わせ、飛騨牛の握り

f:id:minimal1991:20180126155813j:plain
f:id:minimal1991:20180126155805j:plain

イワナの刺身、鱒朴葉味噌焼き

刺身は全く臭みがなく美味しかったです。食べかけで申し訳ありませんが、味噌焼きもすっごく美味しかった!!

f:id:minimal1991:20180126155833j:plain

飛騨牛の陶板焼き

写真がありませんが、他に里芋の揚げ出しとお食事がありました。デザートもあったかな??

リーズナブルなお値段ながら、ボリュームもすごく、味もとても美味しかったです。川魚のお料理も素朴ですが、さばきたてとのことですごく美味しく感じました。飛騨牛もたっぷりありました。惜しむらくはやっぱり配膳のペースが速く食べるのに一生懸命になってしまい、すぐ食事の時間が終わってしまいます。逆にボリュームがあるので、ゆっくりだと食べられなかったかもしれません。この価格帯のお宿だと、個別のペースで食べるのは無理だと思うので文句は言えませんね。

f:id:minimal1991:20180126160219j:plain

朝食にももちろん朴葉味噌がありました!美味しいですね。写真がありませんが、朝食は他に2品ほどあったようです。

 

ぜひまた再訪してみたいお宿です。次は家具とオーディオにこだわっているらしい離れに泊まりたいですね。



 

富山県氷見市へお出かけ

北陸は連日の大雪でうんざりですね。皆さん毎日雪かきお疲れ様です。

 

冬はあまり遠出が出来ず、つまらないのですが、日帰りでもいいから温泉に行きたい!ということで氷見市へ行ってみました。

 

まずランチに居酒屋まる甚(食べログ)へ。

食べログ上位のお店ですが、行ったことがなく長年気になっていたお店です。開店5分後くらいにお店に着き席に座れましたが、どんどんお客さんが来ます。10分後くらいのお客さんは「1時間後ぐらいになります」と言われてましたね、人気のお店です。

店内は古くからありそうな居酒屋さんです。海鮮丼を頼んでみました。

f:id:minimal1991:20180126133659j:plain

小ぶりな丼ぶりのように見えるのですが、ものすごい量のお刺身がのっています。甘エビ、ウニ、さす、いくら、たこ、サーモン?、鯵?子付きタラ、ブリ?フクラギかな?などなど。特に説明はありません。各種分厚いのが3切れずつぐらいあるので、相当な量です。ご飯の量も結構あって、最後はお腹が苦しかったです。お刺身の鮮度もよかったです。うにはいまいちなのでいらなかったかな。他に大きいお椀のあら汁が付きます。小鉢はお漬物とかぶら寿司でした。

 

次に氷見九殿浜温泉ひみのはな(公式HP)へ。

こちらは宿泊施設ですが、日帰り温泉もできます。もう少しで県境のところです。

温泉はかけ流しとのことです。(浄化・殺菌はしているとのこと)透明で無臭ですがぬるっとつるつるした肌ざわりでした。露天風呂からは海も見えて気持ちよかったです。ご年配のお客さんが多く冬に外にでたくないのか、露天はほぼ私の貸切でかなりゆっくり入れました。

f:id:minimal1991:20180126133647j:plain

(写真は公式HPより)

内湯、露天風呂の他にサウナもありました。

休憩所、座敷などもありましたが、あまりそこではゆっくりせず、ほぼお風呂のみで会計すると90分の間におさまり、1人500円で済みました。その上は3時間コースで700円です。景色のいい温泉にはいれて500円は安いですね。

シャンプー、リンス、ボディソープはありますが、タオルはありません。日帰り温泉は午後4時までやっているそうです。

 

このあと気になっていたカフェに行ってみましたが、営業していなかったり、満員で入れなかったり2軒ふられ、結局チェーンのコーヒー店に行きました。またリベンジしたいと思います。

富山県美術館「素材と対話するアートとデザイン」

富山県美術館(公式HP)

住所:富山県富山市木場町3-20
主要ジャンル:国内外の近代美術
設計:内藤廣

昨年オープンしたばかりの富山県美術館に行ってきました。こちらは富山県立近代美術館の移転建て替えした美術館です。

f:id:minimal1991:20180108143014j:plain

オープンしてすぐに行きましたので、今回が2回目です。

f:id:minimal1991:20180108143008j:plain

2回目の企画展「素材と対話するアートとデザイン」を見に行ってきました。(この企画展は1/8で終了しました)

f:id:minimal1991:20180108142956j:plain

冬の北陸らしい天気で立山はきれいに見えません。天気がよければ富岩運河還水公園と立山がきれいに見えます。

こちらが今回の企画展の目玉である、エマニュエル・ムホー『COLOR OF TIME』です。朝イチに行ったのですが、お客さんが多く、正面からの写真はいい感じには撮れませんでした。たくさんの数字がきれいな色のグラデーションで吊り下げられているのですが、これは日の出から日の入りの時刻を並べているそうです。まさにインスタ映えな作品なので、たくさんの方が写真を撮っていました。

f:id:minimal1991:20180108143319j:plain
f:id:minimal1991:20180108143150j:plain
f:id:minimal1991:20180108143141j:plain
f:id:minimal1991:20180108143122j:plain

企画展の前半とコレクション展は撮影OKなのですが、SNSに載せていいものは限られています。3~4作品ぐらいだったかな?

素材をテーマとした企画展とのことで、美術作品というよりはプロダクトデザイン的なものが多かったです。実際に企業の製品だったりもするので、もうちょっと実際に触れるものもあってもよかったかなと思います。一部の商品は実際にミュージアムショップに売っていました。

企画展の後半は世界の工芸品だったのですが、きれいでうっとりするものから、ちょっと気持ち悪いものまでいろいろあり楽しめました。

 

常設展では富山県立近代美術館時代からの作品があります。ピカソロートレック、ルオー、シャガール等の作品以外にもモダンアートやシュールレアリスムの作品があったり、私は結構好きな分野です。HPに作品リストが載っています。時期によって内容は変わるようです。

コレクション展 | 富山県美術館

なぜこのようなちょっと癖のある常設展なのかというと、 富山出身の瀧口修造が近代美術館設立にも関わっていたとのことです。真面目で地味な印象の富山ですが、瀧口修造のようないい意味で変態な人がいてくれたおかげで、救われる気持ちがしますね。現在の富山県美術館にも瀧口修造コーナーがあり、所蔵品などが展示されています。いい意味でのガラクタたちが宝石のように飾られており、面白いです。

 

美術、建築、デザイン関係の本や雑誌があるコーナーのソファーはたぶんイサムノグチのものだと思うんですが、かわいいですね。有機的なラインは河原の石をモチーフにしたそうです。以前自宅に欲しかったんですが、一般家庭には大きすぎるし、高額なので夢のままです。現在は安かったり、サイズの小さいリプロダクト品が売っているようですが、美術館のものは正規品でしょうね。

f:id:minimal1991:20180108143001j:plain

 その他に世界の名作椅子コレクションがあり、広い部屋に3段に並べられており、椅子好きとしては壮観です。写真は撮っていいのですが、多分載せるのはまずいのでやめておきます。一部の椅子には実際に座ることができます。

 

3月からの企画展で「デザインあ展」をやるので楽しみですね。以前の東京での展覧会は行列で諦めた思い出があります・・・