sometimes i feel like

sometimes

旅などの記録

ホテル森の風 立山 その2 夕食

 その1はこちら

minimal1991.hatenadiary.com

 

夕食はお食事処です。私たちは人数が多かったからなのか、宴会場を仕切った広い個室に通されました。夕食は2グレードあるうちのグレートアップです。このようにセッティングされていました。

f:id:minimal1991:20180810103551j:plain

前菜 ウナギときゅうりの土佐酢和え、いちじく生ハムトースト、若鶏燻製、カワハギ燻製、枝豆茶巾、ウニ豆腐

f:id:minimal1991:20180810103538j:plain

お造り ぼたんえび、うに、スズキ、ブリ、バイ貝、鯛

f:id:minimal1991:20180810103527j:plain
f:id:minimal1991:20180810103854j:plain

ぼたんえびは大きくておいしかったです。全体的に鮮度は一般旅館レベルかな。はたして富山近海でとれたものなのか?

鱧鍋、梅肉たれ       カレイのオリーブ焼き           

f:id:minimal1991:20180810103826j:plain
f:id:minimal1991:20180810103843j:plain

アナゴ、枝豆、とうもろこしのベニエ   あおさのりの冷製茶わん蒸し

f:id:minimal1991:20180810103812j:plain
f:id:minimal1991:20180810103801j:plain

アナゴのフリットのようなもの。待たされたわりには熱々じゃなかったのが残念。もうお腹が膨れていたので、冷たい茶わん蒸しはさっぱりとおいしかったです。

お口直し 野菜のソルベ

f:id:minimal1991:20180810104229j:plain

飛騨牛、北陸産和牛陶板焼き

f:id:minimal1991:20180810104204j:plain
f:id:minimal1991:20180810104153j:plain

霜降りのおいしいお肉でした。

ウニご飯、香の物、お味噌汁

f:id:minimal1991:20180810104143j:plain
f:id:minimal1991:20180810104214j:plain

お腹いっぱいでほとんど食べられませんでした。なぜ富山でウニご飯なのかな?

ココナッツスープの葛切り

f:id:minimal1991:20180810104400j:plain

こちらもお腹いっぱいで食べられず。他の方に食べていただきました。コーヒー・紅茶もいただけます。

 う~ん、豪華食材じゃなくていい、見た目も華やかじゃなくていいから温かいものは温かく、地元の美味しいものをだしてほしいですね。大型ホテル旅館なのでしょうがないのでしょうか。

 朝食はバイキングでした。カレーやアイスクリームなんかもありましたね。私はお粥をいただきました。

 今回は離れの人は32,000円、一般客室は25,000円くらいでした。一般客室でスタンダードのお食事だと20,000円くらいだと思います。県外から来たお客さんのためにももうちょっと食事は頑張ってほしいなと思います。

 

ホテル森の風 立山 その1 お部屋など

親戚一同の旅行で富山県内のホテル森の風立山に行ってきました。もともと富山厚生年金休暇センターウェルサンピア立山だったところです。現在は日本ハウスホテル&リゾート(元東日本ハウス)というハウスメーカーが運営しているそうです。

金沢犀川温泉 川端の湯宿 滝亭 その4 朝食・まとめ

 その3はこちら

minimal1991.hatenadiary.com

 

朝食も夕食と同じお食事処でいただきます。時間は7時半、8時、8時半から選べます。

f:id:minimal1991:20180724121036j:plain

のどぐろの干物、サラダ、炊き合わせ、野菜ジュースなど。

f:id:minimal1991:20180716200349j:plain

温泉卵、お豆腐、お漬物、ヨーグルト。

f:id:minimal1991:20180716200359j:plain

白エビ昆布締め、ネギトロ、刺身こんにゃく、のり、ひじき、南蛮漬け、ごぼう胡麻和えなど。

朝食もとても手が込んでいておいしかったです。お豆腐やサラダのドレッシングも自家製じゃないかな?ご飯もおひつだし、量もたっぷり、お腹いっぱいになりました。

 

今回の宿泊は33,600円でした。(二人一部屋一泊二食土曜日)私にとっては高級なお値段ですが、お部屋からの景観や、インテリアがよかったこと、お部屋のお風呂が露天風呂でちゃんと温泉であること、部屋風呂からの景観がよかったこと、夕食が旅館レベルを超えておいしかったことなどから、大満足の滞在になりました。

機会があれば他のお部屋にも泊まってみたいです。惜しむらくはチェックアウトが10時なことですね。

 

金沢犀川温泉 川端の湯宿 滝亭 その3 夕食

その2はこちら

minimal1991.hatenadiary.com

 

夕食は6時からを選びました。チェックインして、部屋の写真を撮って、ラウンジでドリンクを一杯飲んで、大浴場に行ってお風呂にはいったら、もう5時すぎ。あっという間に夕食です。夕食は区切られたお食事処でいただきます。

夕食は予約時、3グレードぐらいあったのですが、真ん中のものをお願いしました。

西日がすごくて写真が分かりにくく申し訳ありません。ピンク色の食前酒はブルーベリー酒です。前菜はスタンバイされていました。

f:id:minimal1991:20180715205641j:plain

ウニの殻の中に茶わん蒸しのようなものがはいっていて、ウニやサザエがのっています。

f:id:minimal1991:20180715210058j:plain

タコとトマトのじゅんさいゼリー掛け、能登牛ローストビーフでいんげんをまいたもの、とうもろこし真薯、白瓜雷干し、手毬寿司、甘えびほやこのわた和え(ほおずきの中身、開けていなくてすいません)

f:id:minimal1991:20180715210050j:plain

前菜はどれも手が込んでいておいしかったです。こちらのお料理いい!!と確信しました。

能登南京すり流し とろ湯葉いり

f:id:minimal1991:20180715210040j:plain

お餅のように分厚い湯葉がはいっていました、初めて食べました。

 

写真を撮るのを忘れてしまいましたが、このあとお造りがでました。スズキ、マグロ、カンパチ、甘エビ、イカなどです。どれも新鮮でおいしかったです。旅館のお刺身っておいしくないことのほうが多いですが、こちらのお刺身はおいしくて感動しました。

庄川産小鮎の塩焼き 

f:id:minimal1991:20180715210029j:plain

いい焼き具合で頭も骨もまるごと食べられました。添えてあったオリーブの味噌和えがおいしかった。オリーブってお味噌にもあうんですね。

加賀蓮根のがんもどき

f:id:minimal1991:20180715210018j:plain
f:id:minimal1991:20180715210415j:plain

九谷焼のお椀がかわいいです。がんもどきというより真薯のような感じ。

冬瓜といちじくの蟹あんかけ

f:id:minimal1991:20180715210405j:plain

いちじくの見た目が焼きなすのようです。食べるといちじくだから甘いので脳がバグります。

能登豚のグリル 特製胡麻ソース

f:id:minimal1991:20180715210350j:plain

 能登豚よりえびや夏野菜のほうがおいしかったかな。もうお腹いっぱいです。

鱧の梅酢かけ

f:id:minimal1991:20180715210333j:plain

酢の物がわりに一口程度かな?と思いきや結構なボリュームがありました。鱧4切れぐらいあったと思います。鱧はもうちょっとふんわり感がほしかった。

 お食事 金沢のこしひかり、お味噌汁、じゃこ、香の物

f:id:minimal1991:20180715210321j:plain

ごはんがすごくおいしかった!特に説明はありませんでしたが、土鍋炊きかな?じゃこも山椒がきいてておいしかったです。

冷やしぜんざい、季節のフルーツ

f:id:minimal1991:20180715211602j:plain

ぜんざいのゼリー(?)なども手が込んでいました。

 

旅館の懐石料理風のお食事ってだいたいおいしくないので、いつも期待していないのですが、滝亭さんの夕食は和食専門店レベルにおいしかったです!特にお造り、鮎の塩焼き、ごはんはレベル高かったです。このような懐石料理風の旅館のお食事の中では今までで一番おいしかったです!おすすめできます。

 

その4はこちら

minimal1991.hatenadiary.com

 

 

金沢犀川温泉 川端の湯宿 滝亭 その2 館内施設

 その1はこちら

minimal1991.hatenadiary.com

 

「離れ 犀川」の宿泊客だけが利用できるラウンジさくらです。

f:id:minimal1991:20180715205302j:plain

こちらも全て柏木工の素敵な家具でそろえてありました。ウッドデッキもあり、外を眺められていい空間でした。

カラフルだけど、落ち着いたトーンでまとまっているクッションもかわいいですね。ウォールナットのテーブルの天板と脚の形もかわいいです。

f:id:minimal1991:20180720100543j:plain

ライブラリーは少なすぎて読むものはありませんでしたし、飾りにしては疑問なセレクトです。厳選するなりしたほうがいいかも。

f:id:minimal1991:20180716200629j:plain

ものすごく暑いので外にでる気にはなりませんが、外履きスリッパはなかったです。ちょうどいい気温の季節なら外にでるのもよさそうです。

f:id:minimal1991:20180716200823j:plain

こちらのラウンジには水、ミニッツメイドのオレンジジュース、UCCのコーヒーマシン、紅茶などのティーバッグがあります。おいしいのですが、ちょっとファミレスのドリンクバーっぽさがあって、残念でした。切子グラスやカップは素敵だったので、ドリンクのサーバーやジュースのカラフェなんかをよくすればもっと高級感があっておしゃれになると思うのですが。

f:id:minimal1991:20180715205312j:plain

 

次は足湯のできる滝見台です。朝なのでまぶしいです。分かりにくいですが、滝が見られます。

f:id:minimal1991:20180716200643j:plain

夜に行ってもいい雰囲気だったのかもしれません。

f:id:minimal1991:20180716200654j:plain

利用していませんが、スパもあるそうです。

大浴場は内湯と露天風呂があります。写真は公式HPより。

f:id:minimal1991:20180716200625j:plain

開放感はお部屋のお風呂にくらべるとないですが、滝が見えます。

f:id:minimal1991:20180716200620j:plain

猛暑の日だったので、大浴場内はすごく暑かったです。外にでると涼しく感じました。猛暑でも温泉って気持ちいいものですね。温泉は偉大です。

 

その3はこちら

minimal1991.hatenadiary.com

 

 

 

金沢犀川温泉 川端の湯宿 滝亭 その1 チェックイン~お部屋

金沢のお宿「滝亭」に行ってきました。

f:id:minimal1991:20180716200814j:plain

今回は私の希望ではなく、家族が以前より行きたいと言っていたお宿です。家族から聞くまでその存在を知りませんでした。ネット上の評判は少ないながらも、好評のようで予約しました。

チェックインは15時からです。15時20分くらいに到着。金沢市中心部からは20分ぐらいで行けます。温泉街ではなく、周辺には何もありません。

建物に入る時点で靴は脱ぎ、全館畳スタイルのお宿です。

f:id:minimal1991:20180716200421j:plain
f:id:minimal1991:20180716200430j:plain

ラウンジにてチェックインです。こちらでウェルカムドリンクとしてお抹茶をいただけます。ウェルカムドリンクでお抹茶は珍しいのでうれしいですね。お菓子もおいしかったです。

f:id:minimal1991:20180720100554j:plain

こちらの家具は全て飛騨の柏木工の家具のようで、無垢材のナチュラルな風合いがあり、好みです。

夕食の時間は6時、6時半、7時から選べます。

こちらのお部屋は「離れ 犀川」「椿花亭」「辰巳亭」と3パターンあるようで私たちは「離れ 犀川」を予約しました。

f:id:minimal1991:20180715211553j:plain

こちらがメインの和室スペース。L字型に廊下とリビングがあります。和室から2段さがるような感じで、リビングがあります。

f:id:minimal1991:20180715205024j:plain

このリビングがとてもよかったです。外の緑と犀川が見えてずっとぼーっとできますね。3つのクッションもよかったです。人をダメにする系のクッションよりはしっかりした固さで椅子にもなります。段差にもクッションがあるので座ることができます。私の写真が下手すぎて分かりにくいので公式HPからの写真ものせておきます。

f:id:minimal1991:20180720100603j:plain

f:id:minimal1991:20180720100609j:plain

部屋にはさらにお着き菓子もありました。夕食に備えて食べずに持ち帰りました。百万石の月路はスポンジにカスタードクリームがはいったお菓子でした。ごまチョコレートもとても美味しかったです。

f:id:minimal1991:20180715205323j:plain

部屋の鍵は二人で一つでした。これは残念。Wi-Fiは問題なくつながりました。冷蔵庫は空です。冷水ポットとお茶のセットがあります。ラウンジがあるので、部屋に珈琲や紅茶はありません。

f:id:minimal1991:20180715205013j:plain

洗面所には備え付けのものと別に、フェイスパックとミキモトの基礎化粧品セットがありました。

f:id:minimal1991:20180716072646j:plain

お部屋には露天風呂がついています。

f:id:minimal1991:20180715205356j:plain

開放感があってすごくよかったです。景色は大浴場の露天風呂よりよかったです。お湯も温めでつるつるして気持ちよく、いつまでもはいっていられそうでした。f:id:minimal1991:20180716072652j:plain

惜しむらくはお湯がどんどんでているのではなく、ためてあって保温だったこと。温度の調整はこちらではできないそうです。追い炊きのようなシステムなのかな?気持ちよかったので私は気になりませんが、温泉にこだわる方だと残念かも。

夜は暗くてちょっと怖いくらいですが、朝はとにかく気持ちよく、最高でした!

 

その2はこちら

minimal1991.hatenadiary.com

 

tawara@石川県金沢市

tawara(たわら) 四季を感じる優しいフレンチ(公式HP)

金沢市片町のtawaraに行ってきました。数回訪れていますが、久しぶりの訪問です。木がふんだんに使われた、ナチュラルですが落ち着いているおしゃれな店内です。ランチは未訪問で、今回もディナーをいただきました。おまかせコース1種類のみです。ドリンクはワインはもちろん、日本酒もあるようです。ソフトドリンクもノンアルコールワインやこだわりの農園のジュース、ジンジャーエールなど充実しています。ワインのペアリングもあり、日本酒もくみこめるようです。良心的なお値段でした。

f:id:minimal1991:20180702200458j:plain
f:id:minimal1991:20180702200448j:plain

稚鮎のディップ。湯向きされたトマトやソテーされたきゅうりなどのお野菜に鮎のペーストをつけて食べます。鮎の苦みもちょっとあっておいしい。

桜エビときたかむい(北海道のじゃがいも)のガレット、ヨーグルトソース。表面がパリパリで香ばしいです。

f:id:minimal1991:20180702200439j:plain
f:id:minimal1991:20180702200428j:plain

ニンジンのフラン、毛ガニ餡かけ。器が中華っぽいんですが、お味はフレンチです。熱々で美味しい。

ブロッコリーセミドライホタテ、オランデーズソースかけ。茎ブロッコリーは歯ごたえがあっておいしいです。セミドライホタテとは初めて食べましたが、生のホタテと乾燥貝柱の間のような食感でした。

f:id:minimal1991:20180702200419j:plain
f:id:minimal1991:20180702215814j:plain

パンはライ麦入りだそうで焼き立てで持つのも熱いぐらいで供されます。おかわりできます。

スズキのソテー、レモンとパセリのソース。スズキの表面にはパン粉のようなものがかかってサクサク、身はふんわり。ソースもとてもおいしかったです。付け合わせのコーンがめちゃくちゃ甘いです。

f:id:minimal1991:20180702215802j:plain
f:id:minimal1991:20180702215745j:plain

フォアグラ、キャラメリゼしたヘーゼルナッツ、カリフラワーソース、バルサミコかけ。 

京都産鴨、マンゴー。レアな焼き加減で食べ応えのある鴨でした。私は大好きです。

f:id:minimal1991:20180702215732j:plain
f:id:minimal1991:20180702215719j:plain

ウニのリゾット。久しぶりの訪問ですっかり忘れてましたが、こちらのお店は最後に一口ご飯料理がでるのです。固めのお米のリゾットとウニ、美味しかった! 

抹茶ぜんざい。デザートは完全に和でしたね。あんこのお餅のようなものとぶどうがはいっています。甘すぎずおいしいです。

f:id:minimal1991:20180702215909j:plain

食後のドリンクはコーヒー、ダージリン、ミルクティー、ハーブティーから選べます。プチフールはこのお店定番の一口カヌレです。写真のプチフールは二人分です。カップもそれぞれ違うものでかわいいです。

少量多皿で女性に好まれそうです。フランスのみならず京都でも修行されたようで、一部和食っぽい部分がありますが、軸はしっかりとフランス料理にあるような気がします。ディナーで7,300円、サービス料なしでこの内容はコスパもいいですし、私はかなり好みのお店です。また再訪すると思いますが、ワインペアリングもいただきたいなあ。